ソリューションコラム ソリューションコラム

コロナ禍で転機が!? 飲食業が抱える課題と、デジタルツインを活用した解消法とは?

コロナ禍の影響を受け、飲食業を取り巻く環境は大きく変化しました。巣ごもり消費の増加など、消費者行動が急激に変わる中、飲食業においては、テイクアウトやデリバリーを導入するなど、従来のビジネスモデルの見直しを迫られた企業が少なくありません。

 

このようにビジネス環境の急激な変化への対応が求められる一方、飲食業の企業は、生産年齢人口の減少に伴う人手不足への対応も急務となっています。

 

こうした状況の中、最近では、飲食業における一連の課題解消をサポートするソリューションとして、デジタルツインが注目されています。

 

※デジタルツインについて詳細はこちらをご一読ください。


 

本コラムでは、飲食業の店舗運営における課題と、デジタルツインを活用した解消方法について、詳しく解説していきます。

飲食業の店舗運営にまつわる、高負荷な業務

ここでは、飲食業の店舗運営で、経営者・業務担当者に高い負荷を与えている業務を紹介します。

店舗のレイアウト設計

より少ない人数でも店舗が運営できるような体制を構築するためには、店舗レイアウトは重要な要素です。そのため、新規店舗の出店時や、店舗のリニューアル時には、業態やターゲットに合わせて、慎重に厨房や客席のレイアウトを検討することが求められます。

 

店舗のメンテナンス

口コミによる評価が店舗の売上を大きく左右する飲食業においては、来店客のロイヤルカスタマー化への取り組みが重要です。そのためには、提供する食事はもちろん、調理器具や什器等に不具合がないよう、定期的なメンテナンスが不可欠です。また、万が一の不具合の際には来店客への食事提供などに支障が出ないよう、速やかな対応が必要です。

 

多店舗のマネジメント

多店舗展開の飲食店においては、各店舗が適切に運営されているか確認するためのマネジメントが求められます。具体的には、食材の品質・在庫管理や、販促活動のサポート、店舗従業員の教育・研修などを行うため、定期的に店舗に出向くことになります。

高負荷な業務の原因とは・・・

ここでは、前述した飲食業の業務が、担当者に高い負荷をかけている原因について解説していきます。

店舗レイアウトの具体的なイメージを資料で共有しづらい

レイアウト設計時には、複数回にわたって設計会社やデザイナーとの打ち合わせが行われています。最近ではテイクアウトやデリバリー対応なども踏まえたレイアウト検討が求められており、レイアウト設計は従来以上に複雑さを増しています。一方、紙面上の図面や文字だけでは実際の動線をイメージことが難しく、適切な意思決定ができないケースも少なくありません。

 

設備等にトラブルが生じた際、対応に時間がかかってしまう

店舗従業員だけでは対応できないようなトラブルが生じた際、本部の担当者が店舗まで出向いて対応を行わなければならないというケースも少なくありません。こうした対応では、解消するまでに時間がかかってしまうことはもちろん、店舗における販売機会の損失にもつながってしまいます。

 

エリアマネージャーが店舗訪問に時間を割かれ、本来業務に注力できない

エリアマネージャーが担当する教育・研修について、最近ではWeb会議ツールを活用して、本部と店舗をつなぐ形での研修を導入する企業が増えつつあります。一方で、受講する店舗従業員がPCなどの端末の画面上で、平面的な資料を見るだけの研修ではイメージの共有に限界があり、特に新人に対して厨房の調理器具を説明する際などには、従来同様にエリアマネージャーがその都度、店舗に出向かなければならないケースが少なくありません。

 

飲食業において店舗開発や運営管理、マネジメントに携わる中で、このような課題を抱えている方も多いのではないでしょうか。ここからは、こうした課題を解消するためのデジタルツインの活用術について詳しく解説していきます。

飲食業の店舗開発におけるデジタルツイン活用術

3D Viewによる直感的なイメージでスムーズな情報共有

図面や文字だけのレイアウト設計図や施工図では伝わりづらい情報も、3D Viewのリアルな映像を通じて直感的に共有することで、外部の設計事務所や施工会社と店舗レイアウトなどイメージのずれを少なくすることが可能です。

 

具体的なイメージを基にスムーズな情報共有ができるので、何度も内容のすり合わせをする必要がなくなり、打ち合わせの回数削減にも繋がります。

 

②トラブル発生時も、店舗従業員だけで解消できる可能性がある

最近では、誰でも簡単に3D Viewの映像を作成することができるデジタルツインの製品も登場しています。こうした製品を活用し、トラブルが起きた際の様子を3D Viewで再現することで、本部に所属するメンテナンス担当者は現地に出向くことなく把握できるようになります。

 

結果として、本部からのアドバイスによって現地担当者がトラブルを解消することができれば、突発的なトラブル対応コストの削減が期待できます。

 

③3D Viewによるイメージ共有で教育・研修を効率化

Web会議はもとより、座学研修においても、紙や端末画面上の二次元的な情報だけで、現場のイメージを伝えることは困難です。その点、デジタルツインを導入することで、3D Viewのリアルな映像を通じて店舗従業員に教育・研修できるようになります。

 

リアルに再現された店舗のイメージを共有しつつ、厨房や客席におけるオペレーションについての説明することで、店舗従業員の理解度がより深まり、研修の効率化やコストの削減につながります。

NTTビズリンクのデジタルツイン「Beamo™」で飲食業の店舗開発の課題を解消!

このように、デジタルツインを活用することで、飲食業の店舗開発や運営にまつわる多くの課題を解消することができます。

 

一方で、実際に本コラムで解説したような課題をお持ちの方の中には、デジタルツインについて「先進的すぎて、実務には結び付かないのでは」「自社に扱える人材がいない」「運用するために必要な研修コストが高額になりそう」といったイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、NTTビズリンクでは、誰でも簡単に利用できるデジタルツインのソリューションとしてBeamo™」をご提供しています。

 

Beamo™」は、デジタルツールに使い慣れていない方でも、直観的に操作できるUIで、飲食店の課題はもちろん、小売業や不動産業など、さまざまな業界・業務の課題解消にご活用いただけます。

 

店舗開発や施設管理にまつわる業務に課題を感じている方は、ぜひNTTビズリンクまでお気軽にお問合せください。

 

※「Beamo™」は3i Inc.社の商標です。

Communication & Collaboration Solutions
ビデオオンサイトソリューション
映像イベント&配信ソリューション
ヴィジュアルコラボレーションソリューション
コンタクトセンターソリューション
トータルインフラストラクチャーソリューション
Data Center Integrated Solutions
データセンターインテグレーテッドソリューション
採用情報
採用メッセージ
新卒採用
社会人採用
働き方・各種制度
社員インタビュー
会社情報
会社概要
トップメッセージ
事業概要
企業理念
社会課題への​取り組み​
沿革
組織図
決算公告
アクセス
ニュース&トピックス
一覧
工事/故障情報
サポート
約款集
ご相談・お問い合わせ
サービスに関するご相談・お問い合わせ
資料ダウンロード
デモのお申込み
トライアルのお申込み
資料送付のご依頼
その他お問い合わせ
サイトマップ