ソリューションコラム ソリューションコラム

【要望別】スマートグラスを活用した課題解決策と事例をご紹介

少子高齢化の影響で、生産年齢人口が年々減少していますが、設備の老朽化や自然災害からの復興などで現場作業のニーズは増加しています。そのため、企業にとって労働者の確保が難しくなりつつあります。それに加えて、業務の効率化、生産性の向上、提供するサービス品質の維持・向上、技能継承といった課題を抱えている企業も多いのではないでしょうか。

 

このような課題の解消のために、デジタル技術を取り入れる企業が増えつつあります。その中でも特に、メガネ型デバイスの「スマートグラス」が現場作業の働き方改革に有効な手段の一つとして注目されているのです。

 

そこで本コラムでは、スマートグラスを活用する作業現場における課題と、その解決策の事例をご紹介します。

 

 目次
1. スマートグラスを活用した課題解決策
2.「スマートグラス」の導入はNTTビズリンクにご相談を

 

1.スマートグラスを活用した課題解決策

ハンズフリーで作業をしつつ指示を確認したいという要望

資料の確認や本部へ指示を仰ぐ場合、作業中にスマートフォン・タブレット端末の操作をすることがあります。しかし、片手で操作をしながら作業を行うのは容易ではなく、作業効率を低下させている原因の1つになっていると考えられます。ハンズフリーで作業を行うことができれば、作業時間の短縮やミス防止を始め、作業効率の向上、生産性の向上につながるでしょう。

 

同様の課題に対応した事例

ハンズフリーでの作業によって、業務の効率化に成功した企業Aの事例をご紹介します。

 

企業Aでは、現場で資料を片手に作業することが多く、作業時間や効率の面で課題を抱えていました。また、撮影用のタブレット端末も持ち歩く必要があったため、物理的な負担もありました。そこでメガネ型デバイスであるスマートグラスを用いればこれらの問題を解決できるため、導入することにしました。

 

その結果、資料を確認しながら、効率よく作業が行えるようになり、作業時間の短縮やミスの減少につながりました。また、スマートグラスには撮影機能もついているため、タブレット端末も不要となり、コスト削減の面でも効果があったのです。音声と映像による遠隔支援は現場作業員からも好評で、「安心感を得られる」といった声があがりました。

 

高画質の現場映像を本部に届けたいという要望

現場では、相談や指示出しなどのために、本部とやり取りをすることがあります。この場合、現場側は現場の状況を正確に伝え、本部側はそれを正確に把握することが必要です。しかし、音質や画質が不鮮明では、理解が浅くなったり判断ミスや作業ミスにつながったりするおそれがあります。伝達時の食い違いを減らし、良好なコミュニケーションを図るためには、クリアで鮮明な音質・画質が欠かせません。

 

同様の課題に対応した事例

映像の送受信により、コミュニケーションミスの発生を防ぐことに成功した企業Bの事例をご紹介します。

 

企業Bでは、作業支援時には電話を使用しており、コミュニケーションミスが頻繁に発生していました。特にビジネスにおいては、複雑で説明が難しい内容を伝えることも少なくないため、音声の伝達だけではうまく伝わらず、食い違いが起こってしまうことがあります。スマートグラスを用いると、鮮明な映像と音声でコミュニケーションを取ることが可能になるため、導入することにしました。

 

その結果、齟齬の減少やミスの減少につながりました。また、スマートグラスが撮影する映像は、現場作業者の目線映像であるため、本部の支援者は状況の把握がしやすくなりました。そのため、作業員の支援・育成に期待通りの効果が得られるという結果になったのです。

 

来日できない海外の技術者からの指示を受けたいという要望

新型コロナウィルスの影響によって、国家間・地域間の移動が制限、あるいは敬遠されるようになりました。また、移動にかかる時間・費用の削減の観点からも、できるだけ従業員の移動を減らし、リモートでの業務をすすめている企業も少なくありません。しかしその一方、リモートでのやりとりではコミュニケーション面で不安を感じている方もいるのではないでしょうか。

 

同様の課題に対応した事例

現場移動の頻度を減らしつつ、遠隔にいる従業員間の良好なコミュニケーションに成功した企業Cの事例をご紹介します。

 

企業Cでは、海外工場・拠点への技術指導に出張が伴うことで、移動時間やコストの増大が深刻な課題でした。そこで、遠隔からでもスムーズな支援ができるよう、スマートグラスを導入することにしたのです。

 

その結果、スマートグラスの特長の1つである「映像を活用した双方向コミュニケーション」により、遠隔の従業員間の相互理解が進み、作業効率の向上につながりました。また、遠隔にある現場への移動頻度が減少したことで、当初の目的であった移動時間や移動に伴うコストの削減も実現することができました。

2.「スマートグラス」の導入はNTTビズリンクにご相談を

ここまで、スマートグラスを活用する作業現場における課題と、その解決策の事例をご紹介しました。このほかにもスマートグラスは、熟練者の技術伝承・人材育成、人材不足、DXの推進といった課題の解決手段としても活用されています。

 

一方、近年では続々と新しいスマートグラスが発売されており、多くの種類・機能から自社に合ったものを選定することは容易ではありません。そのため、導入から運用まで幅広くサポート可能なベンダーに相談することがおすすめです。

NTTビズリンクでは、企業のさまざまな課題に適したデバイスを提案・支援する「スマートグラスソリューション」をご提供しています。

 

映像コミュニケーション分野における20年の実績から、デバイスの提供はもちろん、ネットワークの環境構築や運用支援も含め、お客さまの課題解決をトータルでサポートさせていただきます。

 

業務の効率化や生産性の向上といった課題を感じている企業の方は、ぜひ一度、お気軽にご相談ください。

この記事の執筆監修者情報

監修者:エヌ・ティ・ティ・ビズリンク株式会社

NTTビズリンクは、企業向けデータセンターサービスを提供する会社として2001年7月にスタートしました。

その後テレビ会議多地点接続サービス事業などの統合により、お客さまのクラウド・アウトソーシングニーズに応える為に、統合的なICTアウトソーシングビジネスを展開してまいりました。 現在、設立以来培ってきたデータセンターサービスとテレビ会議サービスの運用力を強みとして展開している、Communication&Collaboration Solutionsという新たな事業領域の1つとして、「スマートグラスソリューションサービス」をご提供しております。

所在地:〒112-0002

東京都文京区小石川1丁目4番1号 住友不動産後楽園ビル

会社概要:https://www.nttbiz.com/company/outline/

Communication & Collaboration Solutions
ビデオオンサイトソリューション
映像イベント&配信ソリューション
ヴィジュアルコラボレーションソリューション
コンタクトセンターソリューション
トータルインフラストラクチャーソリューション
Data Center Integrated Solutions
データセンターインテグレーテッドソリューション
採用情報
採用メッセージ
新卒採用
社会人採用
働き方・各種制度
社員インタビュー
会社情報
会社概要
トップメッセージ
事業概要
企業理念
社会課題への​取り組み​
沿革
組織図
決算公告
アクセス
ニュース&トピックス
一覧
工事/故障情報
サポート
約款集
ご相談・お問い合わせ
サービスに関するご相談・お問い合わせ
資料ダウンロード
デモのお申込み
トライアルのお申込み
資料送付のご依頼
その他お問い合わせ
サイトマップ