ソリューションコラム ソリューションコラム

スマートグラスの遠隔支援でできることと、得られる効果やメリット

日々の暮らしの中で、スマートウォッチやネックスピーカーをはじめ、ウェアラブルデバイスが急速に浸透してきています。そしてBtoBの分野においても、ウェアラブルデバイスを導入する企業が増えつつあります。中でも注目されているのが、スマートグラスです。

 

スマートグラスとは、メガネ型のウェアラブルデバイス(体の一部に装着できる電子機器)のことを指し、ハンズフリーで音声や映像、デジタル情報を視聴できるのが特徴です。また、実際見ているものに情報を重ねて表示したり、遠隔地と音声・映像の送受信をしたりすることもできます。

 

このようにスマートグラスはさまざまな機能を備えており、個人利用からビジネスシーンまで幅広く活用されています。

 

本コラムでは、スマートグラスを活用した遠隔支援でできることや、その効果・メリットについて解説していきます。

 

 目次
1. スマートグラスの遠隔支援でできること
2. 遠隔支援で得られる効果やメリット
3.フィールドワークの働き方改革を推進するなら、スマートグラスの検討を

 

1.スマートグラスの遠隔支援でできること

ここでは、スマートグラスの活用によって可能になることを3つご紹介します。

 

若手人材の育成・技術継承

「ベテラン技術者が退職する一方で、若手人材が育っていない」

 

現場作業者の育成において、このような課題を抱えている企業は多いのではないでしょうか。特に、熟練者のスキルは言語化することが難しいため、技術がスムーズに継承できないという課題があります。そこでスマートグラスの遠隔支援を活用すると、熟練者と若手技術者がリアルタイムに映像・音声を共有することができるようになるのです。

 

例えば熟練者の視点を若手技術者が確認することは、言語化しにくい「勘所」を押さえることに役立ちます。反対に、若手技術者の視点を熟練者が確認することで、作業しながらリアルタイムに熟練者が指示を出すことも可能です。

 

このようにスマートグラスを活用することによってスムーズな技術継承ができ、人材育成の課題解決につながるのです。

 

遠隔地からのリアルタイムな作業指示

前述したような、熟練者の視点をカメラなどで記録し、それを若手技術者の育成に役立てるという手法はこれまでも存在してはいました。しかし、この手法を活用する場合には、双方の距離感が課題になることが少なくありませんでした。

 

例えば、事前に記録したデータを研修などで視聴する場合には、リアルタイムで指示を出すことができません。また、作業中の様子をリアルタイムで伝えようとすると、双方が同じ場所にいることが必要なため、出張などが必要になるケースもありました。

 

しかしスマートグラスによる遠隔支援を用いた場合、ネットワークを通じて情報を共有できるため、双方のいる場所を問わず、ネットワークに接続可能な環境であればリアルタイムに指示を出すことが可能です。

 

結果として、拠点間の距離が離れていることによる課題を解決することができるのです。

 

遠隔拠点の一元管理

近年、拠点から本部への報告をする場合、書面だけではなく写真や映像を活用している企業も少なくありません。複数の拠点を保有している企業では、これらのデータを集約するために多くの時間や手間が必要になります。

 

スマートグラスによる遠隔支援を各拠点に導入すると、データの収集が容易になります。また、スマートグラスとクラウドを組み合わせることによってデータを管理・運用できるソリューションもあります。こうしたソリューションを活用することで、データの分析・活用がよりスムーズになるのです。

 

作業報告に限らず、リアルタイムで現場を支援するケースでも、複数の現場を本部拠点から一度に支援したり、1つの現場を複数の拠点(本部や協力会社など)から支援したりするといった活用も可能です。

2.遠隔支援で得られる効果やメリット

ここでは、スマートグラスの活用によって可能になることを3つご紹介します。

 

若手人材の育成・技術継承

「ベテラン技術者が退職する一方で、若手人材が育っていない」

 

現場作業者の育成において、このような課題を抱えている企業は多いのではないでしょうか。特に、熟練者のスキルは言語化することが難しいため、技術がスムーズに継承できないという課題があります。そこでスマートグラスの遠隔支援を活用すると、熟練者と若手技術者がリアルタイムに映像・音声を共有することができるようになるのです。

 

例えば熟練者の視点を若手技術者が確認することは、言語化しにくい「勘所」を押さえることに役立ちます。反対に、若手技術者の視点を熟練者が確認することで、作業しながらリアルタイムに熟練者が指示を出すことも可能です。

 

このようにスマートグラスを活用することによってスムーズな技術継承ができ、人材育成の課題解決につながるのです。

 

遠隔地からのリアルタイムな作業指示

前述したような、熟練者の視点をカメラなどで記録し、それを若手技術者の育成に役立てるという手法はこれまでも存在してはいました。しかし、この手法を活用する場合には、双方の距離感が課題になることが少なくありませんでした。

 

例えば、事前に記録したデータを研修などで視聴する場合には、リアルタイムで指示を出すことができません。また、作業中の様子をリアルタイムで伝えようとすると、双方が同じ場所にいることが必要なため、出張などが必要になるケースもありました。

 

しかしスマートグラスによる遠隔支援を用いた場合、ネットワークを通じて情報を共有できるため、双方のいる場所を問わず、ネットワークに接続可能な環境であればリアルタイムに指示を出すことが可能です。

 

結果として、拠点間の距離が離れていることによる課題を解決することができるのです。

 

遠隔拠点の一元管理

近年、拠点から本部への報告をする場合、書面だけではなく写真や映像を活用している企業も少なくありません。複数の拠点を保有している企業では、これらのデータを集約するために多くの時間や手間が必要になります。

 

スマートグラスによる遠隔支援を各拠点に導入すると、データの収集が容易になります。また、スマートグラスとクラウドを組み合わせることによってデータを管理・運用できるソリューションもあります。こうしたソリューションを活用することで、データの分析・活用がよりスムーズになるのです。

 

作業報告に限らず、リアルタイムで現場を支援するケースでも、複数の現場を本部拠点から一度に支援したり、1つの現場を複数の拠点(本部や協力会社など)から支援したりするといった活用も可能です。

3.フィールドワークの働き方改革を推進するなら、スマートグラスの検討を

このようにフィールドワークにおける課題を解決するための手法として、スマートグラスは有効なツールです。

 

しかし、スマートグラスと一口に言ってもさまざまな種類があり、自社に最適なソリューションを選定することは簡単ではありません。

 

NTTビズリンクでは、フィールドワークの働き方改革を推進するソリューションとして「スマートグラスソリューション」をご提供しています。このサービスでは、デバイスの提供はもちろん、ネットワークの環境構築や運用支援も含め、お客さまの課題解決をトータルでサポートさせていただきます。

 

そのため、働き方改革やデジタルトランスフォーメーションといった課題感は持ちつつ、「何から始めれば良いのかわからない」という方も、ぜひお気軽にご相談ください。

この記事の執筆監修者情報

監修者:エヌ・ティ・ティ・ビズリンク株式会社

NTTビズリンクは、企業向けデータセンターサービスを提供する会社として2001年7月にスタートしました。

その後テレビ会議多地点接続サービス事業などの統合により、お客さまのクラウド・アウトソーシングニーズに応える為に、統合的なICTアウトソーシングビジネスを展開してまいりました。 現在、設立以来培ってきたデータセンターサービスとテレビ会議サービスの運用力を強みとして展開している、Communication&Collaboration Solutionsという新たな事業領域の1つとして、「スマートグラスソリューションサービス」をご提供しております。

所在地:〒112-0002

東京都文京区小石川1丁目4番1号 住友不動産後楽園ビル

会社概要:https://www.nttbiz.com/company/outline/

Communication & Collaboration Solutions
ビデオオンサイトソリューション
映像イベント&配信ソリューション
ヴィジュアルコラボレーションソリューション
コンタクトセンターソリューション
トータルインフラストラクチャーソリューション
Data Center Integrated Solutions
データセンターインテグレーテッドソリューション
採用情報
採用メッセージ
新卒採用
社会人採用
働き方・各種制度
社員インタビュー
会社情報
会社概要
トップメッセージ
事業概要
企業理念
社会課題への​取り組み​
沿革
組織図
決算公告
アクセス
ニュース&トピックス
一覧
工事/故障情報
サポート
約款集
ご相談・お問い合わせ
サービスに関するご相談・お問い合わせ
資料ダウンロード
デモのお申込み
トライアルのお申込み
資料送付のご依頼
その他お問い合わせ
サイトマップ