ビデオオンサイトソリューションビデオオンサイトソリューション

日新電機株式会社さま

安定した映像・音声を届けるクラウド型サービス
導入前からアフターフォローまでを手厚くサポート

お客様サービス事業本部
工事事業部
電力機器工事部
部長

稲田 久和 様 (写真右)

お客様サービス事業本部
工事事業部
電力機器工事部
京都機器工事部
西部機器2グループ

宇都宮 弘 様(写真左)

事例のポイント

リアルタイムでストレスなく繋がる安定性

クリアな音声で指示者が横にいるような安心感

拡張性の高いクラウド型サービス

■会社紹介

電力エネルギー関連の設備を中心に、豊かな社会・産業基盤を支える製品・サービスを提供。創業100年を超える歴史の中で培ってきた、高電圧技術・真空技術・監視制御技術などを駆使して、設備工事の現場管理、技術指導、点検業務、技術提案などを行う。電力会社が主なフィールドとなるが、官公庁が管轄する各種プラントや上下水道施設、民間企業の各種工場にも製品・サービスを提供している。

■事業概要

・電力機器事業
・ビーム・真空応用事業
・新エネルギー・環境事業
・ライフサイクルエンジニアリング事業

導入背景・課題

・人員増加に伴う指導者不足への対応

・作業者の知識・スキル不足を補う現場管理支援

弊社電力機器工事部では、主に電力関連の設備工事を行っています。北海道から沖縄まで、協力会社と共に幅広い工事を手掛ける中で、現場における現場監督業が我々の主な業務となります。近年、工事件数の増大を受け、現場に立つ技術者の増員が急務となっていました。新卒・中途採用や社内異動によって人員は確保してきましたが、採用後の知識やスキル不足が課題となってきたのです。一般的な電気工事に関する知識は、資格取得などを通じて身につけることができます。しかし、弊社製品の知識や特有の技術となると、いくら業界経験者の方であっても十分ではありません。社内異動した者の場合は、製品理解はしていても現場経験が無いため、技術力が不足している。それらの早期習得のために部門独自の教育プログラムを策定していますが、仕事は待ってくれませんから、8割ほど覚えたら現場に立たなければなりません。その状況をサポートするために注目したのがスマートグラスを活用した現場支援ソリューションでした。現場と社内を、映像と音声で繋ぐことで現場管理のサポートができないかと考えたのです。

導入の決め手

・高品質の音声・映像と安定した通信

・小型軽量でハンズフリーを実現した現場での使い勝手

安定した音声と映像、端末の使いやすさなど、他社製品と比較して現場で必要な性能をバランス良く満たしていると判断し、導入を決定しました。弊社の作業現場は、山間の変電所など電波が不安定なエリアも多いです。そのような場所でもストレスなく現場と社内とを繋ぐことができる通信の安定性は重視しました。また、高品質の映像や音声の通信を可能にする技術を採用している点も決め手の1つです。もともと弊社では、IT技術を積極的に採用し、業務の中で試していますが、クラウドサービスということで初期費用が抑えられ、さらに導入を検討しやすかった面もありますね。映像を活用した現場支援ソリューションは、弊社の導入実績としては3社目です。従来のものは現場での使い勝手がいまひとつだったこともあり、利便性を追求して辿り着いたのがメガネ型端末のスマートグラスでした。現場では資料を片手に仕事することが多いため、カメラがメガネ型端末になることでハンズフリーを実現できた点は大きかったですね。以前はカメラのためにもう1台タブレット端末を持ち歩かなければならなかったのですが、物理的な負担も解消されました。

導入後の効果

・横にいてアドバイスを受けているような安心感

・複数の視点を入れることで作業精度向上・リスク回避に

当初の目的である現場作業者の育成支援においては、期待どおりの成果を得られています。社内では現場の様子をなめらかな映像で確認できますし、クリアな音声のおかげで現場作業者からは「安心感を得られる」「横にいてくれるようで助かる」といった声があげられています。若い社員はこうした新しい技術に前向きで、使い方を覚えるのも早かったですね。指導する側の社員が、少ない時間でより多くの作業者とコミュニケーションを取れるメリットもありました。育成にあたっては、特殊な現場作業の共有にも活用しています。古い製品の修繕などは貴重な事例として社内共有したいのですが、皆が現場まで行くことはできません。その場合は、ベテラン社員が現場でスマートグラスを使用し、その作業をリアルタイムに社内で視聴しています。鮮明な映像を配信できることから、現在は育成支援目的だけではなく、着工に先立ち実施する「現地調査」の支援目的でも使用する頻度が増えました。従来は現場作業者が一人で対応していた現地調査に、社内からも複数の視点を入れることで、作業精度の向上をめざしています。確認漏れやミスを減らす、リスク回避の効果も実感しています。

今後の展望

・現場からの着信にレスポンスよく応答できる運用体制の整備

・環境の変化にあわせて機能を拡充し対応

現在は、現場からの支援依頼に対してレスポンスよく対応すべく、すぐに接続できる状態の端末を用意するなど運用体制を整備しました。そうすることで、リアルタイム性の良さをより有効活用できるのではと期待しています。また、導入後のフォローとして設けていただいた意見交換の場がありがたかったですね。他社製品は決められた使い方しかできませんでしたが、NTTビズリンクでは、弊社の課題やスマートグラスの使用状況などをヒアリングし、その改善案をいただけました。技術の発展が早い現代において、従来はその変化にあわせて新しい製品を探さなければなりませんでしたが、機能が拡充されて使い続けることができれば、慣れている分ありがたい。通信環境、人材、現場など、さまざまな変化にも並走して対応してくれる点は頼もしいです。

Communication & Collaboration Solutions
ビデオオンサイトソリューション
映像イベント&配信ソリューション
ヴィジュアルコラボレーションソリューション
コンタクトセンターソリューション
トータルインフラストラクチャーソリューション
Data Center Integrated Solutions
データセンターインテグレーテッドソリューション
採用情報
採用メッセージ
新卒採用
社会人採用
働き方・各種制度
社員インタビュー
会社情報
会社概要
トップメッセージ
事業概要
企業理念
社会課題への​取り組み​
沿革
組織図
決算公告
アクセス
ニュース&トピックス
一覧
工事/故障情報
サポート
約款集
ご相談・お問い合わせ
サービスに関するご相談・お問い合わせ
資料ダウンロード
デモのお申込み
トライアルのお申込み
資料送付のご依頼
その他お問い合わせ
サイトマップ