ヴィジュアルコミュニケーションソリューションヴィジュアルコミュニケーションソリューション

テレビ会議とは?

テレビ会議はどんな使い方ができるの?

幹部会議や、社内打ち合わせなどの会議用途に加えて、研修やテレワーク、遠隔面談などご利用シーンは多岐に渡っています。また、最近はコストを理由にWeb会議を選択いただいたお客さまがより高品質なサービスを求めてテレビ会議にお乗換えいただくケースも多数ございます。

ソリューションのご提案
テレビ会議とWeb会議の違いは?

テレビ会議は空間の共有に重きをおき、会議室にいる複数人同士で会話することを前提としています。複数人同士の会議でも相手の表情や繊細なニュアンス、ボディランゲージが読める映像品質と臨場感を実現することが可能です。

Web会議は個人での参加に適し、PCやタブレット端末を利用するため自席から手軽に参加することができます。

クラウド型とSI型の違いは?

クラウド型はお客さまが利用される分のサービスを選択してプロバイダーにランニング費用としてお支払いただく形、SI型はお客さまで全ての機器を購入してご利用いただく形となります。

機器の配線や備品で会議室を汚したくないんですが、スタイリッシュな会議室は構築できますか。

NTTビズリンクでは音響システムや外部カメラ、机・什器なども含めた、トータルな会議室システムインテグレーションのご提案が可能です。お気軽にお問い合せください。

専用ネットワークとインターネットの違いは?

企業内の重要情報が日々取り交わされることとなる法人向け映像コミュニケーションの分野では、専用ネットワークを用いて安定・セキュアに利用したいというご要望を多くいただきます。

一方専用ネットワークは回線の敷設やLANの配備などにある程度の時間を要しますし、予め準備した場所からしか接続できないといった面もあります。この点インターネット、さらに無線のネットワークは、場所を問わずに利用できるという利点があります。

NTTビズリンクでは、お客さまの拠点やワークスタイル等により、専用ネットワークとインターネットをハイブリッドに組み合わせてご提案させていただくことが可能です。

テレビ会議のメリットは?

高い映像・音声品質であたかもその相手が目の前にいるかのような臨場感で遠隔会議を行うことができます。相手の表情やニュアンス、理解度も手に取るようにわかるためコミュニケーションや意思決定もスムーズに行えます。

どんなサービスがあるの?

国内外の幹部拠点をテレビ会議で結びスピーディーな意思決定を実現したいのですが?

テレビ会議を活用することで、相手の表情はもちろん感情や細かいニュアンスも伝わる高臨場感でスピーディな意思決定を実現することが可能です。

自宅、外出先、現場から。働き方に合わせたテレワークを実現できますか?

育児や介護のための在宅勤務、外出の多い営業マンのモバイルワーク、現場の映像を会議室に届けるといったテレワーク環境を実現することができます。会議室の常設するテレビ会議と合わせて、PCやタブレットを活用したWeb会議(スマートビデオ会議サービス)、テレビ会議⇔Web会議との相互接続(GWサービス)をご用意しております。

全国の拠点へ研修・セミナーを配信を実施したいのですが?

テレビ会議を活用することで全国の拠点へ研修・セミナーを配信することができます。オンデマンドの研修と異なり、双方向の映像・音声で活発なコミュニケーションが可能です。

お客さま訪問の際、多忙な専門家を遠隔帯同させたいのですが?

外出先から手軽にタブレットから参加できるスマートビデオ会議サービスをご用意しております。さらにGWサービスにより、社内のテレビ会議サービスと相互接続することが可能です。

国内外のアフィリエイツ、協力会社との連携強化を構築できますか?

さまざまな企業とのアライアンス、協力会社とのコラボレーションのために、ネットワークやデバイスなどに縛られないテレビ会議・Web会議サービスをご提供しています。

時間や場所にしばられず、遠隔面談を実施したいのですが?

高臨場感のテレビ会議を活用することで、物理的に離れていても話し方・表情・人となりも把握することができ、かつ移動や日程調整の手間も最小限に抑えることができます。

PC・タブレット、スマホからの接続について

タブレット端末、スマホからテレビ会議に参加できますか?

弊社では各種テレビ会議サービスだけでなく、Web会議の『スマートビデオ会議サービス』、そして、テレビ会議とWeb会議を相互接続する『スマートビデオ会議ゲートウェイサービス』をご用意しております。本サービスをご利用いただくことにより、会議室に設置するテレビ会議と、インターネット上のPCやスマートフォン、タブレット間でのシームレスなコミュニケーションが可能となります。

申込の前にトライアルで試用はできますか?

はい、今なら無料でトライアルをご実施頂けます。トライアルをご希望の場合には、弊社お問い合わせページからご連絡ください。

最大何人まで会議ができますか?

会議室に入室できる最大人数は、50人、40人、30人、20人、10人、5人の6タイプがあります。会議室の最大参加可能人数を超えて入室をする事は出来ません。それ以上の会議参加人数をご希望の場合には、弊社営業部までお問い合わせください。

最大の画面分割数はいくつですか?

PC(Windows端末)の場合 :最大10分割(自画面+資料共有画面を含む)、iOSやAndroidの場合 : 最大4分割になります。(スマートフォン端末の場合は最大同時表示画面数がより少なくなります。)

Windows10には対応していますか?

はい、対応しております。(Windows10 32/64bitに対応)

情報共有で利用できるアプリケーションはどれか?

デスクトップ全体又は、タスクとして起動されるWindowを映像形式で相手に転送する事が可能です。

共有可能なものは、デスクトップ全体とWindowで起動し表示されるもの(Office製品、PDF、ブラウザ、Explorerなど)になります。

情報共有で利用したファイルなどが相手に残ってしまうリスクはないのか?

ウィンドウないしデスクトップの画面を転送しているだけなので、資料のファイルは相手に残りません。

海外でも使用可能ですか?

はい、問題なく使用できます。ただし、国別の通信事情により品質は左右されますので、ご注意ください。

※但し技術輸出管理規定等の法的な制約により適用できない国や地域に対しては提供できません。

最低利用期間はありますか?

はい、お申込を頂いた月の翌料金月から12ヶ月間となります。最低利用期間内の解約については、違約金がかかります。

H.323テレビ会議との相互接続は可能ですか?

はい、現在弊社のフレッツIP多地点接続サービス(Premiumメニュー)と相互接続ができる「スマートビデオ会議ゲートウェイサービス」をご提供しています。詳しくは、弊社営業部までお問い合わせください。

Skype for Business(旧称 Microsoft Lync) とテレビ会議との相互接続は可能ですか?

はい、Skype for Businessとテレビ会議も相互接続が可能です。ゲートウェイサービス(S)およびM-Connect(Type1)にて対応しています。

【コラム】Skype for Businessとテレビ会議が接続できる!詳しくは、弊社営業部までお問い合わせください。

導入について

テレビ会議を導入したいのですがどのような機器やネットワークを用意してよいのかわかりません、コンサルをしていただくことはできますか?

お客さまのご要望やご利用シーン、ご予算等にあわせ、最適なソリューションをご提案させていただきます。お気軽にお問合わせください。

MCUハウジングサービスとは、どんなサービスですか?

MCUハウジングサービスは、お客さまがお持ちのMCU(多地点接続装置)を弊社データセンターにお預かりし、運用管理を弊社にアウトソースいただくサービスです。面倒な運用や利用者からのお問い合わせを弊社でお客さまに代わって行うことで、お客さまのご負担軽減が可能です。また、新規にMCUを弊社から販売させていただき、ハウジングサービスをご利用いただくことも可能です。システムインテグレーションとASP型サービスの良いところを組み合わせてご利用いただけます。

自社のネットワークを活用してテレビ会議を利用できますか?

IPプライベートネットアクセスサービスにより、既にお客さまでご利用中の社内ネットワークを弊社データセンターに接続することで、テレビ会議サービスをご利用いただくことが可能です。ネットワークを有効活用することで、比較的安価に、弊社テレビ会議サービスをご利用いただく事が可能です。接続できるネットワークの種別についてはお気軽にお問合せください。

固定資産を持たずに初期投資を抑えてテレビ会議を導入したいのですが可能でしょうか?

お客さまが固定資産をお持ちいただくことなく、多機能なテレビ会議をご利用いただくことができる月額支払型サービスですので、初期費用を抑えながら安価にご利用いただくことが可能です。

フレッツIP多地点サービスの対応回線を知りたいのですが可能ですか?

対応回線はこちらをご参照ください。詳細はお気軽にお問い合わせください。

運用・サポートについて

「保守」と「サポート」の違いは?

機器を購入する際に契約する保守契約は、一般的にハードウェア故障時の修理・交換、必要に応じたソフトウェアのアップグレードなどが含まれます。一方で「運用」や「サポート」の場合、それら機器やサービスをご購入された後、実際に利用に際してメーカーやサービスプロバイダーから利用者がサポートを受けることを指します。

テレビ会議のご利用に際しては、特にITに詳しくない利用者の場合、例えばカメラの動かし方や音量調整、接続の仕方に至るまで、日々のサポートが導入成功のキーポイントになります。

NTTビズリンクでは自慢のサポートセンターをご用意して日々の運用をお手伝いさせていただくのはもちろん、保守契約と組み合わせることにより更に手厚いサポートのご提供も可能です。

解らないことがあるときや障害対応時は、誰でもサポートを受けられますか?

NTTビズリンクのサポート窓口はご導入担当者だけではなく、お客さま内の全てのテレビ会議利用者から、直接ご連絡いただくことが可能です。もちろん、切り分け作業から必要に応じた現地エンジニア派遣まで、ワンストップで提供します。

故障の原因がわからないので、どこに連絡して聞けば良いかわからないのですが?

NTTビズリンクのサポート窓口にて丁寧に切り分けご対応の後、弊社ご対応範囲であればそのままワンストップでご対応させていただきます。(お客さま手配機器については別途お客さまから関連ベンダ様にご連絡をいただきます。)何かトラブルがございましたら、まずはNTTビズリンクのサポートセンターにご連絡ください。

会議の始まる直前に音声がでないのですが対応していただけますか?

NTTビズリンクのサポートセンターにご連絡ください。可能な限りご対応させていただきます。

失敗できない大きな会議があるのですがサポートしていただけますか?

NTTビズリンクではサポートオプションとして、弊社サポートセンターで専任のオペレータが遠隔で会議サポートを行う『ディレクターサービス』や、専任スタッフが現地をお訪ねして操作やオペレーション代行を行う『オンサイトサポート』などをご用意しております(別途料金が発生いたします)。お気軽にご相談ください。

そのほか

Communication & Collaboration Solutions
ヴィジュアルコミュニケーションソリューション
スマートグラスソリューション
コンタクトセンターソリューション
トータルインフラストラクチャーソリューション
Data Center Integrated Solutions
データセンターインテグレーテッドソリューション
採用情報
社会人採用
会社情報
社長あいさつ
会社概要
事業概要
企業理念
沿革
組織図
決算公告
アクセス
ニュース&トピックス
一覧
ご相談・お問い合わせ
サービスに関するご相談・お問い合わせ
資料ダウンロード
デモのお申込み
トライアルのお申込み
資料送付のご依頼
その他お問い合わせ