採用情報

採用情報

社員インタビューinterview

プラットフォームデザイン担当 主査 外山 篤史 入社10年目

ステップアップを図りつつワイワイ議論し
一緒に面白いサービスを作ろう

サービスプラットフォーム開発本部
プラットフォームデザイン担当
主査 外山 篤史(入社10年目)

  • Q.1

    仕事の内容を教えてください。

    A.1

    将来を見据えてプラットフォームを最適化し、かつ開発・サービスオーダ・構築・運用保守全体のワークフローがうまく流れるようにすることがプラットフォームデザイン担当のミッションです。その中で私はSMARTという会議プラットフォームの開発調整を担当しています。具体的な業務としては、新サービスの提案や、スケジュール調整、SI相談や実装などがあります。特に、新機能のアーキテクチャ提案とプロトタイプ実装を担当することが多いです。

  • Q.2

    仕事の面白さや、やりがいを感じるのはどんな時ですか?

    A.2

    システムアーキテクチャ全体を自分で提案し、設計・構築していけることにとてもやりがいを感じます。私は普段、どのような構成にしたらサービス原価を最適化できるかを最も大事なポイントとして意識しています。ここは任される部分が大きいため開発責任も伴います。開発者が不足した場合は、チームマネジメントだけでなく、自ら実装することも場合によっては必要になるため大変な面もあります。一方でうまくいったときの喜びは大きく、特に自分の手で作ったサービスが収益に結びついた時が一番嬉しいです。

     

    toyama
  • Q.3

    NTT ビズリンクの「魅力」を教えてください。

    A.3

    現在はサービス開発を社内リソースで完結させるのではなく、パブリッククラウドと連携したり、他社と協業し得意分野で分担することが当たり前になっています。そこで普段から技術のキャッチアップが必要になってきますが、NTTビズリンクでは個々の裁量で開発環境を設けられるなど、技術人材としての価値を向上することができる環境が充実しています。仕事のやり方は任せられていますので、さまざまな映像コミュニケーションに関する技術に触れたいという方にはもってこいの職場です。

  • Q.4

    将来の夢(ビジョン)を教えてください。

    A.4

    将来的にはソリューション・アーキテクトとして独立を目指しています。そのために、NTTビズリンクで自身の扱える要素技術を増やしていくと同時に、仕事を通じてビジネスの取り組み方を勉強させてもらっています。どのようなサービスを作ると、どれだけ収益・利益があがるかは、机上予測も大事ですが、やはり実際やってみないとわかりません。これら試行錯誤の経験は今後どのような仕事を手掛けるにしても、活きてくると思っています。

    toyama

 

(所属、業務内容は取材時時点の内容となります。)

Communication & Collaboration Solutions
ヴィジュアルコミュニケーションソリューション
スマートグラスソリューション
コンタクトセンターソリューション
トータルインフラストラクチャーソリューション
Data Center Integrated Solutions
データセンターインテグレーテッドソリューション
採用情報
採用メッセージ
新卒採用
社会人採用
働き方・各種制度
社員インタビュー
会社情報
会社概要
トップメッセージ
事業概要
企業理念
社会貢献
沿革
組織図
決算公告
アクセス
ニュース&トピックス
一覧
工事/故障情報
サポート
約款集
ご相談・お問い合わせ
サービスに関するご相談・お問い合わせ
資料ダウンロード
デモのお申込み
トライアルのお申込み
資料送付のご依頼
その他お問い合わせ
サイトマップ