会社情報 会社情報

畜産業界の社会課題への取り組み​

酪農業における高齢化、人手不足による労働負荷の改善を
IoT技術で収集・された映像データの活用により実現し、
牛にもやさしい新たなステージのサービスの実用化に挑戦しています。

loTとAIを駆使して酪農業は新たなステージへ

牛の異常をAIで検出

牛の異常をAIで検出

ネットワーク機能付きカメラで生態を常時監視。​
動画をAIで分析し、発情の検知・出産の予測・ストレス検知・疾病やケガの兆候を早期発見することで、大切な資産である牛の健康状態を把握するなど、IoTの技術が肥育者に代わって仕事をしてくれます。​

肥育管理

牛を立体画像やエコー画像で肥育管理

IoTテクノロジーは牛に触れることなく、牛の立体画像を高い精度で収集してくれます。
この立体画像から瞬時に体高や腹囲などを計測して体重推定や皮膚の状況確認をすることで、作業時の怪我のリスク軽減や、牛へのストレスを軽減できます。
肥育の途中でも肉質が判定でき、より上質な肉牛の出荷ができるAI肉質判定にも挑戦します。

サービスイメージ

サービスイメージ

撮影した動画像をデータ化して、データサイエンスにより、
牛の様々な兆候を検出して対策していくことで
肥育異常や死亡の防止ができるようになります。

農場
Communication & Collaboration Solutions
ヴィジュアルコミュニケーションソリューション
スマートグラスソリューション
コンタクトセンターソリューション
トータルインフラストラクチャーソリューション
Data Center Integrated Solutions
データセンターインテグレーテッドソリューション
採用情報
採用メッセージ
新卒採用
社会人採用
働き方・各種制度
社員インタビュー
会社情報
会社概要
トップメッセージ
事業概要
企業理念
社会課題への​取り組み​
沿革
組織図
決算公告
アクセス
ニュース&トピックス
一覧
工事/故障情報
サポート
約款集
ご相談・お問い合わせ
サービスに関するご相談・お問い合わせ
資料ダウンロード
デモのお申込み
トライアルのお申込み
資料送付のご依頼
その他お問い合わせ
サイトマップ